Home > くだらない話 > クソゲーの秘密

クソゲーの秘密

Pocket

ゲームにおいてのコラボレーション

前々から、コロいぬさんと一緒にゲームを作りたかったのですが、余りチャンスは有りませんでした。

ゲームにおいてのコラボレーションとは、素材ごとで担当するパターンが多いかと思います。コードとグラフィック、サウンド等々。もちろんその素材にキャラクターも含まれますので、アニメのゲーム化なども一パターンに含まれますね。

しかし、Flashゲームクリエイターの多くは、一人でゲームの全てを賄う人が多いのですね。サウンドだけ借りてくる場合も多く見受けられますけれども。

そうした時に閃いたのは、ステージの一つ一つを各人で作ってしまうという方法でした。それぞれのステージがアクションであったり、シューティングであったりでスコアアタックをするものです。

そんな事を夢想していたのですが、気が付いたらParaFla!感謝祭の2週間前。何かするのか!しないのか!

突貫

2週間で作れそうな企画を急遽でっち上げてみました。

いつもSkype麻雀をしているParaFla!メンバに話をした結果、3人が少なくとも1ステージづつ作れば最低限のゲームになると踏んだわけですが、複数人数で作成して後でプロジェクトファイルを合成するのは、ゴチャゴチャになるのが予見され、統一感を喪失すると思われたので、ゲームの基本的な部分をシステムに任せて、システムからコールされた時に動作する外部swfをミニゲーム一つづつ作る事になりました。

5秒や10秒程度のミニゲームでクリックだけなら一発ネタのみで形になりそうです。メイドインシリーズを意識せざるを得ませんが、どちらかと言うと昔のワンキーゲームのノリです。

なお、僕が3個、コロいぬさんが4個、ShoyoFILMSさんが1個作っています。

サウンドまで手が回りそうに無かったので、やはりSkype麻雀仲間のトミーさんに曲を作ってもらいました。

なんとか一つのゲームとして楽しめるものになったのでは無いでしょうか?

コメント:0

コメント フォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.ku-da.net/hogwash/sitty-games-secret.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
クソゲーの秘密くだらないページ
検索
Feed
アーカイブ
Meta

Return to page top