Home > くだらない話 > AIR for iOSのAsset

AIR for iOSのAsset

Pocket

外部swf

AIRのモバイルデバイスで、シーンに必要な画像をまとめた外部swfを読み込む対応をしたのですが、Androidならリンケージで問題無いのですが、iOSだと外部プログラム扱いになって禁止だとか。

そんな中、FlashのライブラリにあるビットマップファイルをMC化するjsflを書いて、無事iOSでも外部swfを読み込める様になったのですが、結局MCをBitmapData.draw()しているので遅い。数個程度なら問題ありませんが、数百個だと遅さが気になります。

そこで、Androidのコードを試しに動かしてみました。

動いて喜んでいたのですが、サクッとチェックするためにdebug-interpreterでパッケージすると動く事に気が付きました。

大人しくMC化していろという事でした。

 

おまけ

Loader.load()で外部swfを読み込む時にASのあるファイルはcontextを指定した方がいいよ。と言う記事をどこかで読んだ気がしたので、指定していたのですが、指定しなくても問題ありませんでした。AIRだからでしょうか?パッケージ内のファイルなら同じドメインだからですね。その後、要らないよと言う記事も読んだ気がします。

指定した時にcontextを毎度インスタンス化しないように保持していたのですが、そのせいか外部swfが廃棄出来ずに悩みました。

コメント:0

コメント フォーム
Remember personal info

トラックバック:2

このエントリーのトラックバックURL
http://www.ku-da.net/hogwash/air-for-ios-asset.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
AIR for iOSのAssetくだらないページ
trackback ~ Akkii 12-06-29 (金) 15:40

ブログに投稿しました: AIR for iOSのAsset http://t.co/igDneebR

trackback ~ mau_mau 12-06-30 (土) 10:40

ブログに投稿しました: AIR for iOSのAsset http://t.co/igDneebR

検索
Feed
アーカイブ
Meta

Return to page top