Home > くだらない話 > AIR3.7とAndroid2.2で強制終了

AIR3.7とAndroid2.2で強制終了

Pocket

AIR3.7でAndroid向けにパッケージをして実機テストをしている際に、アプリが強制終了してしまいました。調べた所、Android2.2にAIR3.7が対応していないのでしょうがないと言う結果になりました。

突然死

AIR3.7でパッケージしたアプリをAndroid4.2の端末でのチェックで問題が無かったので、続けてAndroid2.2の端末でチェックをした際に、起動してしばらくすると強制終了してしまう現象に遭遇しました。

最初は、端末側でメモリが足りなくなったかと思い再起動をしたり、端末に異常が起こったのかと初期化をしてみたりしたのです。と言うのも、それまではキチンと動作していたためです。結局はそこまでしても、動作しなかったので端末は悪くなかったのですが。

次にAIR3.6でパッケージするとAndroid2.2でも動作しました。端末を疑う前にこっちをやっていろと……

ググる先生に聞いた所ズバリそのままの事が出て来ました。AIR 3.7.0.166 Sound Bug Crash APP without error

なんとAIR 3.7になってから必要システム構成が、Android2.3になってたんですね。2.2の表記も何故か残っていますが、消し忘れでしょうか?英語の方を見れば一目瞭然ですが。

AIR for iOSでも4.3以上にしたのに、4.2でもインストール出来てしまうのですが、Androidも似たような状況になりました。

今回の様に強制終了してしまうと問題なので、AIR3.7を使うならばAndroid2.2ではインストール出来ない様にした方が安全です。

アプリケーション記述ファイルに

	<android>
		<manifestAdditions><![CDATA[<manifest android:installLocation="preferExternal">
			<uses-sdk android:minSdkVersion="9"
				android:targetSdkVersion="9" />
		</manifest>]]></manifestAdditions>
	</android>

と書いてしまうのがいいでしょう。

追記:

android:targetSdkVersion=”9″だとナビゲーションバーにメニューボタンが出るので、9を14に変えた方がいいかもしれません。

コメント:0

コメント フォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.ku-da.net/hogwash/crashed-in-air3-7-and-froyo.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
AIR3.7とAndroid2.2で強制終了くだらないページ
検索
Feed
アーカイブ
Meta

Return to page top